前へ
次へ

顧問税理士に節税の相談をします

企業は決算期末が近付くと顧問税理士に節税の相談をすることが多くなります。日本の法人税率は諸外国と比較して高いので、利益の半分近くを納税しなければならないからです。合法的な節税方法を税理士に相談してアドバイスを受けるのです。売掛金の中で回収不能のものを税務上の損金として処理できないか、償却資産を購入して前倒しで償却できないか、解約返戻金の大きな経営者保険に加入して保険料を損金計上できないか、そのようなことを相談するのです。税務当局に否認される可能性のあることは税理士は勧めません。追徴課税されると延滞税などもかかってしまう可能性があるからです。税務上の問題がない範囲での節税に税理士は頼りになる存在です。

Page Top