前へ
次へ

税理士の安定性についての説明

士業と呼ばれる職業は割と独立するのに向いている職業だといわれており、税理士のその一つとなっています。この職業の安定性について調べていくと、他の士業に比べてその傾向が強い流れにあると考えられます。税理士の仕事で最も一般的なものは会社と顧問契約を結ぶことであり、これを行うと報酬として1社につき数万円入るケースとなります。経営者は通常業務や経営のことで忙しいことが多く、税金問題に関しては法律の知識が必要なため専門家に委託する傾向が多いです。また会社経営者にとって税務は欠かせない業務の一つであるため、税金の専門家である税理士の需要が高くなっています。このような理由から税理士は数ある士業の中でも比較的安定しており、その需要や認識についても注文されている専門家でもあります。

Page Top