前へ
次へ

弁護士としての資格について探る

弁護士になるには、一般にはまず司法試験に合格する必要があります。司法研修所と呼ばれる場所で司法修習を受け、その終了時の試験に合格して卒業しなければなりません。但し、法律に携わる業務に従事していた人たちにおいては、それが省かれる場合もあります。その詳細については、規定がありますので遵守した上で、資格が与えられる事になります。逆に、資格が与えられない場合などもあります。何らかの懲罰を受けた場合などです。これにも厳密な規定があります。更に、弁護士の資格として、弁護士名簿への登録をしなければなりません。この登録をしなければ、弁護士としての活動をする事が許されません。各地域に日弁連がありますので、そこで登録を行う事になります。

Page Top